寄付き前

【朝の想定2024-4-9】NY横這い、先物小幅高で本日の日経平均は続伸も重い展開を想定

昨晩のNYは横這いとなった。 ダウ 日足 ダウは11ドル安と先週末の半値戻しの位置から大きく動けず、指標待ちの様子が伺えた。 今晩のCPIなどの指標結果によっては6月以降の利下げ予想が大きく傾く可能性もあって、市場は売買を手控えていたような...
寄付き前

【朝の想定2024-4-8】 NY反発、先物320円高で日経平均は反発へ─戻り売りには注意

週末の米国指標は失業率が予想を下回り、非農業部門雇用者数は予想を超えてきた。 好景気は継続でNY市場は買われる結果となった。 ダウ 日足 これまで論調を借りるなら、「金利は高止まり」なのだから株価にはマイナス要素のはずだが、やはり需給は素直...
寄付き前

【朝の想定2024-4-5】NY急落、先物730円安、中東情勢含めてネガティブな方向へ─日経平均は39000円割れも

雇用統計の発表を前にNYは大幅安となった。 ダウ 日足 新規失業保険申請数は予想よりも多かったところまでは良かったが、途中でイスラエルとイランの地政学的な緊張が報じられると一転して下落。 また、FRB当局者の利下げ慎重発言もあったようで、そ...
スポンサーリンク
寄付き前

【朝の想定2024-4-4】NYはまちまちも先物470円高─日経平均は一旦底打ち反転

昨晩のNYはダウが小幅続落、ナスダックは反発となった。 ダウ 日足 ISM非製造業景気指数は月曜の製造業景気指数とは打って変わって予想を下回った。 また、FRBのパウエル議長がこのタイミングで利下げに言及したことで市場は好感したようで、一旦...
寄付き前

【朝の想定2024-4-3】NY大幅安、先物39690円で日経平均は続落スタート─厳しい調整も底を打てるか

昨晩のNYは窓を開けての大幅安となった。 ダウ 日足 390ドル安となったらダウは20日移動平均線ギリギリのところ。 ここを下抜けると39000ドル割れとなる位置。 ISM製造業景気指数が予想を上回り景気の良さがアピールされたのだが、FRB...
寄付き前

【朝の想定2024-4-2】NY軟調、先物は80円高で影響少なく、日経平均は重い展開─40200円台まで戻せるかどうかが鍵

昨晩のNYはダウが反落、ナスダックは横這いだった。 ダウ 日足 ISM製造業指数が予想よりも3%ほど高く、インフレ懸念が再び悪化したとのことで、S&P500をダウが影響を受けた格好。 景気はいいがこれ以上は困るという何とも言えない結果ではあ...
寄付き前

【朝の想定2024-4-1】新年度入りで上昇期待、SQのターゲット次第で大幅高も

週末のNYは休場のためチャートに変化はない。 ただ、今週は重要な指標の発表が続くため、週後半まで気の抜けない週となりそうだ。 ダウ 日足 先週木曜に続伸となったダウだが、今晩はこの形を崩さずに進めるかどうか、気になるところ。 指標によるイン...
寄付き前

【朝の想定2024-3-29】NYはまちまち、先物40390円と反発─反発の芽はあるものの日経平均は重い展開を想定

昨晩のNYはダウとS&P500が続伸もナスダックは続落と言ったまちまちな結果となった。 ダウ 日足 ダウはざら場高値は更新したものの、4万ドルを目前に足踏みとなっている。 今晩はグッドフライデーで休場のため、40000ドルは4月に持ち越しと...
寄付き前

【朝の想定2024-3-28】NY反発、先物は70円高も権利落ちで日経平均は軟調なスタート予想─重い展開を振り切れるかどうか

昨晩のNYは大幅に反発。 ダウ 日足 ダウは再び高値に接近、477ドル高の39760ドルで引けとなった。 S&P500の史上最高値更新が続く中で足踏み状態のダウだが、今晩のGDPやPMI、明日のPCEコアデフレーターなどの重要指標を前にFR...
寄付き前

【朝の想定2024-3-27】NY小反落、先物60円高─日経平均は軟調なスタートも上昇の余地あり

昨晩のNYは小反落。 ダウ 日足 31ドル安で引けたダウは指標待ちではあるが少々苦しい展開が続いている。 見方によっては上値を抑えられているとも言えるので、イベント通過で反発もあるが、耐えきれずに崩れることもありそうだ。 その際に20日移動...
スポンサーリンク